1月も後半( ;∀;)

見にコンサート、無事終わりました。終わった直後はうまく演奏できなかったことに落ち込んでズドーン😢でしたが、あとで、DVD見せてもらうとそれなりに音が出ていたのでほっとしました。ズドーン、の時も一緒に演奏したKさんからは、「そういう経験が大事。僕も、いっぱい失敗してきました。」と励ましていただき、また、Tさんからは「こんな機会を作っていただきありがとうございます。」とお礼まで言われ、世の中こんないい人がいるんだと心の中で涙しました。うちの家は、そういう言葉のフォローがない家なんで。確かに、本人がどう行動するかが大切ですが、言葉はとっても大事です。心の中では舌を出してても「ありがとう」って言える、へたくそな演奏だなって思ってても「よかったよ」って言える・・・。人ってかけられた言葉で落ち込みもするし元気も出ます。そして、私たちは、その言葉がまやかしか、真実か感覚的にわかります。嘘でも、その人の優しさが含まれている真実がある、そんな言葉には、「ありがとう」って素直に思います。取り繕うことは世の中にいろいろありますが、取り繕うとすることは、その人の優しさであることが多いです。そうやって、お互い助け合っているんだなあと実感します。少し前までは、真実が1番と思っていました。お愛想で相手を褒めるなんて、それは嘘です!という立場でした。真実が一番大事でしたけど、真実とは違うけれどそれを言うのはその人の優しさ、それを言わないのはその人の優しさ・・・そう思えることが多くなりました。いっぱいいっぱいつらいこと抱えてる中で、うそでも褒められるとうれしいです。そう感じるのは、職場以外のプライベートで付き合いのあるお友達との雑談かな。いわゆる「世間」の人との雑談。これが楽しい!!。家族、夫婦はあまりそんなこと言わない。してほしくないこと伝えることが多い。夫婦は優しくないけど、世間は優しい人がいっぱいいる。ありがとうって思います。

ほんと、世間の人は優しくて、私も生きてていいんだっていう気になります。でも、大きな孤独感もあります。家族にそんな優しさがないから。いろいろあって2か月夫と口きいてないけど、夫からは何のモーションもなくお互い無視し続けてる。私の反抗を夫は無視し続けてます。多分本人は「お前が怖いからや」とあえて関わりを持たなかったと正当化するでしょうが、「どうしたんや」「何がいいたいんや」という相手の気持ちを汲み取ろうということがないですね。さわらぬ妻にたたりなし・・・ですかね。男性と女性の差かもしれないけど、そうやって一生懸命つらいって信号送ってるのに無視する男性って、女性からは「どういう神経してるの?」って思います。

世のご主人、奥さんを優しくしてあげてください。