久々入院🏨

ある臓器のため検査入院しました。この病気とは付き合いが長く、小学1年生で一度入院してます。中学1年生で再度入院。もう40年ほど前なので病気の細かなこともわかってなかったのだと思います。そんなこんなで結婚して子ども産んで特に治療もせず過ごせていたのですが、10年程前から検査結果が少し悪くなり、主治医もかわったので再度検査になりました。お産以来です、入院なんて。娘からゆっくり休んでき、と温かい言葉をいただき、そのつもりで来たものの、なんか調子悪いんです👎。頭がボーッとして微熱があるのです。一度事件が起きて延期になったことや、職場でインフルが流行っていたこともあって、無事入院までこぎつけられるか緊張してたのでその疲れが出たのか、二週間ほど前にひいたしつこい風邪がすっきりしないのか、なんか調子悪い😓。明日の検査、ちゃんと受けられるといいけど…。

朝はいつものように早く目覚めました。まだ暗かったです。こんな機会にしか朝の日の出は拝めないと思い、6時過ぎからデイルームでだんだん白んでくる空を眺めてました。とても綺麗でした。冬型で灰色の雲が浮かんでいる中、太陽が上がってくると雲の底が(?)きれいなピンク色になり、山はだ近くに低く雲があって、いよいよ光が差す!というシーンが雲海の中から太陽が出てくるような雰囲気で、空が暗闇から白くなり、白から青に変わって行く様が、太陽の力を見せつけられているような気がして、自然の力にひれ伏したくなる気分でした。明るくなってから実際一筋の光が出るまでにはかなり時間がかかるんんですね。まだかまだかと待って、丁度部屋の隣の非常口が日の出がしっかり見えるところで、そこにたたずんで光が差すのをじっと待ってました。差し込んだらお祈りしようって思って。もう7時は回っていたと思います。一時間くらい、ずっと朝日を待っていたんですね。あと少し……というところまで来た時、「◯◯さ〜ん」と私を呼ぶ声が…。看護婦さんです。「すみません、採血と検尿お願いしま〜す」「今ですか?あのー朝日が出るの待ってたんですけど…」と私。まあ、一瞬躊躇ったものの、忙しい看護婦さんを煩わすわけにはいかないと、すぐにベットに戻り採血することに…。私の待った一時間は一体なんだったのか😭😭😭。看護婦さん曰く、「先生が昨晩は患者さんにつきっきりで今帰られたんです。今指示があったので、ごめんなさいね」ということでした。よかった、ちょっと待ってくださいと言わなくて。この件、私を象徴してます。いつも私が頑張るとろくなことはないんです。残念だけど、残念なこと味わうのが私の人生なのです。そこでイライラしてたら私は生きていけません。その後、しっかり顔を出しきったお日様に手を合わせました。子どもたちが幸せになりますようにって。こんな間の悪い私だけど、間の悪さが私らしいって、励ましたくなります。それでいいんだよって自分に言っています。

明日の検査、無事すみますやうに🙏

先生、👨‍⚕️  よろしくお願いします。