うちの相方人間観察その2

相変わらず、わが道を大股で歩いている相方です。月に一回我が家で、ゴルフ仲間と飲み会をしているのですが、金曜日の祭日の午後、準備をしかけました。いつもの部屋だと思っていたら人数が多いらしく隣の部屋を使うべく置いてある机をどけていました。たまたま、私が見かけたので話しかけて事情を聞いたものの、何故一言「今日はこっちの部屋使うで机どけるぞ」と言えない???先日も、明け方娘が寝られないと相方がTV見ている横のソファで寝転がっていたらしい。相方は夜7時ごろ寝て3時ごろ起きる生活をしています。娘は怖い夢を見て恐ろしくて人を求めて今に出てきたようです。娘はちょっといろいろあって、私も何かと気にかけている。それを相方はもちろん知っています。その朝、私はそんなことは知らずに起きてきて、相方と普通にしゃべり仕事に行きました。普通、言いませんか?「なんや〇〇(娘)怖い夢みた言うて起きて来とったぞ」と。全く何も言いません。

娘の持っている工具を勝手に使う。何度言っても言わない。今回は使わしてくれとは以前に伝えて許可はもらったそうだ。でも、×日に使うことは言っていない。人のものは、昨日はよくても今日はだめ、ということだってある。使う前にちょっと借りるで、と一言いうのが礼儀だろう。かつ、今まで勝手に使って何度トラブルを起こしてきたか、もっと慎重になるべきだろ!!なぜ、それがわからないのか、それがわからない。おまけに、その工具の横に、娘が作っていた小物の工作品があった。相方はそれを手でざあーっとどけてしまい、まるで眼中になかったようだ。精巧な製作物だったのに・・・。失礼極まりない。わたしは、「ごめんな、代わりに謝るわ」と思わず言ってしまった。共同生活にはいろんな場所にいろんなものに、一緒に住んでいる人の気持ちが組み込まれているということが相方はわからないようだ。何故、自分がこうしようと思ってしただけなのにそんなに言われんならんのやと逆切れされる。この家の者は全部自分の傘の下にあるようだ。

存在が濃いので、いるとうざくて仕方がない。せいぜい、ゴルフに行ってください。そういえば、最初に行った飲み会は全部自分で料理をしてもてなして頑張っている。わたしに(文句言われないように?)は何一つ頼まない。でも、その日のための掃除はそれなりにしている。それに、お客さんが来るのだしやはり私としては何かと気になる。今回は肉系で料理を考えていたので、何かあっさりしたもの一品用意しようと思った。料理の苦手な私はお店に頼ることになる。たまたま、買い物にも出かけたので何がいいかと考えた。お惣菜サラダ類がいろいろあって、相方はポテトサラダを作っていたので、マヨネーズ系はかぶるかな、かぶらないものでと考えて、生野菜のサラダにした。この選択がいいか悪いかはわからないが、とにかくかぶらないものをまず考えて選んだ。家に帰って、お肉焼く時に、これも一緒に出して・・・と伝えた。相方は言った。「買うて来てくれたんか。ポテトサラダ作ったのに・・・。」と。人が一生懸命考えたことをばっさり切ってかかる。もう、何も言いませんでした。

ほんとに困ったものです。そして彼は言う。「なんでわしばっかりわるいんや!!」と。……『おまえがわるいんじゃーーーーー』   ああ、すっきりした。