2月

2月になりました。2月はほかの月と何となくカラーが違います。なぜかというとわたしの誕生月だからです。わたしはこの2月が好きです。冬の雪のイメージがあり、物静かで静寂な感じがします。誕生石はアメジスト。あの紫の色も大好きです。いい月に生まれさせてもらったものだと感謝しています。

最近はいろんなお店から「お誕生日おめでとうございます。〇%割引します!」なんてはがきがさっそく届き、もう祝ってもらう年でもないとそれだけでもうれしく感じます。

小さいころは、ケーキは買ってもらえたけどプレゼントとして何かもらった記憶はありません。その時代、ケーキがあるだけでもまずまずの家庭だったと思います。田舎の農家でしたからおしゃれなことは何もありませんでした。親になり、子どもたちにいろいろ買ってきましたが、子どもたちはどう思っていることやら・・・。「こんなんほしくないのに」と思っていたかも。子どもたちの時代はゲーム全盛期で、とにかくゲームを欲しがりました。でも、親としてその時代「ゲームは悪だ」という考えもあり、特に教育熱心な方ほど、テレビの前で座り続けピッピ、ピッピと手指だけ動かす遊びは子どもを退化させるという反対の方が多く、わたしとしても何とかゲームへの接触は最小限に抑えたいとゲームへの要望は抑え込んでいました。あんな頑固にならんでよかったのかなと今は子どもに申し訳ない気持ちもあります。

夫は何かしら感謝の気持ちを表そうとわたし用のケーキを買ってくれたり食事に出かけたりいろいろしてくれました。でもちょっとポイントがずれてるんです。わたしって、ステイタスに憧れるタイプなので、誕生日はおしゃれしてフランス料理でも食べたいですが、夫は寿司で一杯が大好きで何かと言えば寿司。まあ、いやいや付き合わせるより寿司で喜んでいる夫を見るほうがいいのでフランス料理は封印して家族みんなで寿司屋にいったりしてたかな。そんな気持ちの微妙なずれがあり、わたしが夫の誘い掛けに乗らなくなったので、「マメ夫」と言われる夫も誘わなくなりましたけど。でも、「お母さんの誕生日やでこれこうてきた」とケーキを見せられると、それはそれでありがとう!と思います。スーパーのケーキで少し豪華なやつ・・・・・。う~ん、ケーキ屋のケーキがいいけど・・、それは言うまい。

プレゼントって難しいですね。わたしはもらうとお返ししんならんと考えてしまうので、変にもらうと「ありがとう」と思う反面、ちょっと複雑な感情になります。だからわたしもむやみやたらにあげません。特に職場でのお菓子のやり取りには閉口します。チョコ、1個2個をやりとりするのに、いつ渡そう、このまえあんだけもらったし、今度はこれくらい返しといたらいいかな、いや、ちょっと少ないかな・・・。なんてショウもないことで迷わなくてはならないのが疲れます。

でも、あげたい!!って思う人もいますよね。ある女性の同僚の方が産休で休まれるのに「ありがとう」の気持ちを伝えたくてミニ花束をお渡ししました。その方は前回の妊娠が死産でご苦労された方です。しみじみと「普通に生まれてくるってすごいことなんやね。生まれたいって思ってたやろに。」と何とはなしに言われたことが何となく心に残り、おなかの子の気持ちに思いをはせられたことがわたしには大事なことを教えてもらった気がして感謝した次第です。今回無事出産され何よりです。

今日は2日。いい2月になるといいです。仕事のほうがちょっと大変なことが重なっているので、なんとかうまく乗り越えられること祈ります。なまんだぶ~。